夏だけわきが臭がする?夏わきが対策!!

夏

 

夏は体温を調整するためにたくさんの汗をかきますが、薄着になりやすい季節なので脇汗の臭いが周囲に拡散されやすいです。

 

他の季節では気にならない人も、夏だけわきがの症状に悩む場合があります。制汗剤は脇汗を抑制するため、体温調整を阻害して熱中症のリスクを高めるので控えます。

 

夏わきがでは洋服をこまめに変えるなどの対策が有効です。

 

脇汗はかいた直後はきつい臭いがありません。

 

時間が経過して洋服に染み付いた汗に雑菌が繁殖することで周囲に気づかれるため、臭い始める前に着替えると良いです。

 

いつでも着替えられるという安心感を得るために予備のTシャツを持っていると、精神的な負担が減って無駄に汗をかかなくなります。

 

ナイロンやポリエステルでできた服くは汗が蒸れやすいので夏には向いていません。

 

綿や麻といった吸湿性の高い素材を選ぶと、臭いが拡散されるのを軽減できます。

 

 

お風呂に入った時は通常通りに体を洗いますが、脇をしつこく洗わないように注意します。

 

肌には機能を維持するために必要な菌が存在しており、石鹸やボディソープでゴシゴシと洗いすぎると除去されてしまいます。

 

本来のバリア機能が働かないと脇汗の臭いも強くなるので、臭いが気になってシャワーを1日に数回浴びる時は優しく洗います。

 

 

男性に多いのが脇毛を伸ばしっぱなしにすることです。

 

脇毛に雑菌が絡んでわきがを引き起こすので、露出が増える夏だけでも毛を短くカットするなど処理が必要です。